スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TCG13 全コメ 疲れた。

TCG13の全コメです。長いです。疲れました。
全コメなんか楽勝だぜ!と思っている人は是非やってください。
30分ぐらいで後悔するはずです。

・全自動御猟犬御降臨装置ぷち

マロゾロンド閣下の御猟犬ぷちのご降臨であらせられるぞやった!
白紙をネタスキルに使う人はいるだろうなぁ、と思ってましたが
ここでお犬様が帰ってくるとは。降臨なされるお犬様はさぞ愛くるしいに違いない。
勝つことより、お犬様がいることのほうが、大事。6匹以上でキャッキャウフフなことになります。
私も一緒に遊びたい。

・ズー・ハルマ

美少女好きの美少女。百合とキセルをこよなく愛しています。
白紙スキルは誓約。HPを3点マイナスして誓約と相手のスキルをbindします。
能動完全bindは強いですよ。二個あるので、相手の動きをかなり制約できるんじゃないでしょうか。
しかし、-3点必要かどうか色々なところで「微妙じゃない?」とささやかれています。

私もそう思います。

どうせ体力が4の倍数で死ぬのだから-2ぐらいが妥当じゃないでしょうかね。
パネル1枚なら-3も普通にアリですが、少々オーバースペックすぎますね。
この娘さんも人気が高い。果たしてプラン1は成功するのか・・・!乞うご期待。

・極超音速飛行物体

マーガレットにおける高速剣。疾風剣を白紙で再現したキャラです。
しかも、今回12点なので、20点の疾風剣が飛んできます。正直勘弁してください。
ミスをしていなければ、なんとかリンネも勝てたのですが、残念うちの子は疾風剣でじわじわとやられてしまいます。
・・・まさか疾風剣使いが来るとは・・・
個人的には3/8/1の疾風四連のほうがバランス良い気がするのですが。どうなんでしょうね。

・キルシェの天使

イラストがすごい印象の強い天使様です。ぱっとみるとなんだか邪悪なオーラが漂ってます。
そして横STGのボスキャラみたい。うにょうにょしそう。
白紙スキルはダイヤモンドダスト。報復などの受動スキルにpoisonを与えてじわじわと痛めつけてきます。
使いづらい面はありますが、確定カウンターなので吸収などを剥がせれば結構強いんじゃないでしょうか。
押しが弱い所が決め手に欠ける、そんな気がしますが果たして・・・・

どうでも良い話ですが、天使のわっかや翼はあとから美術家達が妄想してつけたそうですよ。

・ルイ

このお方について今更何を語ることがあろうか。(いや、ない)


・・・というわけにも行かないので、この圧倒的向上拳信者の方について色々見てみます。
白紙スキル、念願の向上拳。特筆すべき点は
>所持している限り、あなたは下記のいずれかの条件を満たした時に敗北する。
>・相手のHP以上のダメージの攻撃スキルまたは反撃スキルを使用した時
ということです。つまり、ほぼ100%このキャラは負ける。それこそ相手が自爆しないかぎり。
白紙スキルをネタに使う人は、いるでしょう。しかし、まさか自爆スキルとして使うとは誰が予想できたでしょうか。
向上拳最高!向上拳万歳!そんなオーラがこのキャラからは漂っています。どうか、疾風剣使いに当たりませんように・・・!

・一角獣with転生さん

一角獣に転生した転生さん(そのまんま)。セクシーですよね。
一角獣に触れているということはあの転生さんはしょ(ry
白紙の萌える天使達で、アバリスを確定5点ダメージにするという戦法。
萌える天使は、5点強化、5点削減。体力が5増えれば、転生さんの体力は8。
体力を無視した貪欲のアドバンテージとしては攻撃5点、吸収5点の10点。
体力9以上のキャラは今回いないので、体力5増加で確実に2点以上の追加が狙えます。
つまり、攻撃7点、吸収7点の14点のアドバンテージ。最低でこれって凄くないですか。かなり強いと思うのですが。
問題はやはりbindと疾風剣か・・・

・彷徨えるリンネ

本名はリンネ・ブルム。過去に乗せた小説のあの娘です。
衣装の模様は胸に太陽、腕に風、水を象徴しています。なんとなく、自然っぽさ、里人っぽさ(?)を出したかったのです。
嘆きの剣は最初
「相手に2点のダメージを与える」
「相手に2点のダメージを与える」
「このスキルの使用、及びダメージに対し相手がスキルを使用した場合、このスキルにheatを一つ与える」
という感じでした。しかし、前回の大会で儀式刀が流行ったのでこれは
「報復などを考えてトリガー回数とheatを結びつけたほうが良いだろう」と思い、このような調整がなされたのです。
本当は凪の剣より、祈りの剣を先頭にもってくるべきだった。スキルパターンの配列を間違えた。
あと、本来はリンネではなく、13には魔女キャラが出てくる予定でした。それについては、のちほど。

・赤の劇場

真っ赤なトンネル。
白紙スキル、カウントダウンが素晴らしいです。
こう「動くなよ・・・!動くと死ぬぞ・・・!(こっちが)」
みたいなブラフと緊張感にまみれたスキルは大好きです。解除された瞬間どうしようもない点とか。
スズランに持たせたかったですね、このスキル。
あと祝福でchargeがはがれるので、あの激怒する創造主にも勝ててしまうという。
意外なダークホースかもしれませんよ。

・死楽

白紙スキルーオンリーという、また大きく博打に出たキャラです。
しかも、実用性とネタさを兼ねそろえた素敵スキル。カオス・カオス・カオス。
キャラが一人でも退場してしまうと即敗北なのが厳しいですね。
あとこの娘、なんとプランや白紙スキルでコメントをいれようものなら、打ち消し線を入れてきます。
鬼です。悪魔です。
あと何故かブレイズヴァも呼び出します、本当にカオスだ。

・フリーヘッド

今回、絵では一番好きかもしれません。
こういうパンプキン型のランタンが私は大好きで、もうそれだけでご飯3杯はいけます。
あと微妙に案山子らしく、ライトが揺れているのも好感度良し。
白紙スキルは対白紙用のスキル。夢は夢は夢、なんとなく詩的だと思いました。
嫌がらせとしては優秀ですね、特に白紙オンリーキャラにはかなり辛いスキルです。

・JuN

前回とは打って変わって、清純派&スッキリタッチなJuN。
まぁ前回が異色だっただけなんですが。
白紙スキルには盾の剣を装備!強いぞ盾の剣!強いぞJuN!
疾風剣やシェルブリッドの天敵になるのでしょうかね。
白紙で高ダメージを叩き出そうとする相手には手痛いしっぺがえしが待っています。
この子も結構な穴馬じゃないでしょうか。そして、bindがやはり怖い。

・聖音

三月からまさかの聖音登場。
個人的には何で司闇じゃないのか、と小一時間utsmさんを問い詰めたいところではあります。
白紙スキルは漫画にも出ていた互い禁。しかし制約が色々あって非常に使いづらいです。
よくこんなスキルを積んだなぁ、と思いますが、相手によってはかなり行動を制限できるのか・・・?
少なくともうちのこは結構縛られますが。でもモーンブレイドが報復ですごいことになるな。
・・・やはり、そんなに強くない・・・のか?

・ムーンライト

白紙スキル、狂気の月光で相手のプランをずたずたにしつつ
安定したダメージソースの儀式刀とbind回復要員の祝福を積んだキャラ。
その上、lunaticは回復率がbindより低く、大抵のキャラは停滞を余儀なくされるのではないでしょうか。
白紙スキルをメインにすえているキャラの多いこの環境で、どう動くか期待。


・垂直鳥の無限降下

今回二人(?)目の白紙を疾風剣に据え置きしたキャラ。
容赦なく、吸収や報復のない受動スキルの無い体力5以下のキャラをほふります。
鳥が疾風剣を使うというのは実にマッチしていますね。凛々しい横顔がグッド。
魔術の展開速度が人間より上らしいですが、疾風剣は剣す・・・ごほん、ごほん。

・ヌル

とても可愛いキャラ。左右に揺れながらひょこひょこ歩いてきそうです。
白紙スキル、名喰いはユニークな固有名詞を食べてしまうスキル。
みんなの名前をけして、自分と同じにしようとするあたり寂しがりやさんみたいです。
吸収や絡み蔦のような補助スキルを支えに、相手の動きが止まったところを斬撃でばっさり。
嵌れば強いキャラですね。

・∧II

VIIを逆さにして、ΛII。白紙スキルもその名を冠するスキル。
LPという全く新しい概念を構築し、設定するスキルです。
維持しなければならないので、強力ですが難しい。
高島津さんには珍しく、普通の女の子。ゴースト(伺か)として元ネタがあるそうですよ。
設定が二次元と三次元の壁みたいな感じです。近くて確かに存在するけれど、絶対に触れられない、超えられない境界。
LPを維持して煉獄炎などでプランを潰し、儀式刀で攻める型ですね。前回の同系キャラのパワーアップ版みたいな感じです。

・クロスロードボーイ〔交差点に立っている男〕

都市伝説の男の子。可愛らしく、設定が切ない。
出会った時は子供で、出会った意味を大人になってから知る。複雑ですね。
ダメージをそっくりそのまま反射するスキル、あなたの人生の物語。
大ダメージを跳ね返せれば強いですが、難しいですね。
儀式刀と報復で安定した構成ゆえ、普通に戦う分には問題が無い。
と思いきや、実は12点使えるはずが、11点しか使っていないという。
この逆境に勝る運と実力はあるのか・・・!?

・激昂する創造主

今回、私的には一番外道と思われる白紙スキルの持ち主。
5ターン目で勝負を強制終了し、ダメージも食らわせる。
祝福二段構えで、並みのbindは通じず、体力6と天敵がいないこの環境。
上手く逃げられてしまいそうです。クリミネイションは強い。
疾風剣使いにも勝ててしまうんですよね・・・

・“躯砦” パルマスロウ・ヴロウグン

新たなる設定、限界人の登場。
絵が不敵で、文句の付け所が無いくらいかっこいいです。
10.5の召還をやや調整して白紙で再現しています。
設定を見たあとだと、なんだか弟さんの童話の登場人物を召還しているようなイメージが浮かびます。
結構、郷土愛というか、家族愛の強い人に思えます。しかし、むくろの上に立っている。不思議な人。

・魔法少女剣師えぬえむwith妖精さん

魔法少女としてあのえぬえむが帰ってきた!

・・・いや、そんなコメントよりも実は私はえぬえむさんに謝らなければならないのです。
先述のように、実は私はTCG13でいたずら好きな魔女キャラを出すつもりだったんです。
白紙が発表される前に決めて、その設定で行こうと思っていたのですがいざ、白紙が出てくるとどうしても嘆きの剣を使いたくなってしまい・・・
で、それらの事とえぬえむさんが何の関係があるかといいますと、その魔女がですね、えぬえむのストシューを盗んだ、という設定だったんです。
それを前に私がN.Mさんに言ってしまったので、今回のえぬえむがその設定をそのまま使ってくれています。しかし、犯人の魔女はTCGに出ていません。

⇒Q.誰が悪いのか。
⇒A.設定と約束を丸投げして趣味に走ったnitoro

すいません、すいまん、本当にすいません!後で謝ろうかと思っていたのですが、まさか設定に組み込んでもらえると思わなくてうわぁぁぁぁぁああ!!
やってしまいました。本当に申し訳ございません。N.Mさんには一生頭が上がりません。14では必ず例の魔女を出します。

見苦しい文章はさておき、えぬえむの話をしましょう。白紙、ヘキサプリズムは迷彩(バルバロッサ)の上位互換といって良いでしょう。
実質、bindの回復が2/3になります。スキルは相変わらず多彩。
バランスの取れたスキル群と風水火地水地剣のパネルの並び。
まるでカレイドスコープを連想させる構成です、ゆえに、最下段の剣七枚が際立つ。
妖精さんをぽふぽふしつつ、この少女が再び頂点を取るのだろうか。

・プニョ

今回一番ホラーな設定のキャラです。食べたものをそのまま真似るとは・・・恐ろしい。
白紙はミュリエンティの絶対無為を再現しています。体力は8と今回最高値。
ミュリエンティが外れた後も高体力にものを言わせてアバリスを打ってきます。
どのキャラでも最低3点は吸われます。疾風剣だって目じゃないぜ!
bindの少ないキャラに当たり続ければかなり良いところまでいきそう。

・さまよえるオランダ

まさかのリンネとの名称被り。
見た者に生理的嫌悪感を与えるようなさまよい方をします。
何も考えていないのとはちがって有害ですね。
白紙スキル、ピケルは維持の救世主のような効果。
プランで指定しなくても、維持できる上に相手はパネル回復をしない。
まさに一石二鳥のプランです。祝福でbind対策もしており、相手がよほどの高威力と高体力でなければ鉄壁の布陣でしょう。


・悪華機人 ララノベル

神経反射8という、まさに白紙の崩壊機動を使うためだけに練られたかのようなキャラ。
無想無念とあわせて、あらゆるダメージをカット&カウンター!その代わり体力と神経をゴリゴリ削っていきます。
まさに背水の陣。あと画像が地味にgifでちょっと動きます。小粋なギミックです。
・・・でもこの子が構えているスキル、悲しいけど貪欲なのよね!

・シキ

前回に引き続いてシキの登場です。
白紙スキルはマーガレットの加速剣、加熱剣、加護剣をひとまとめにした、
剣華ノ焔刃【マーガレット・エンジン】。”エンジン”と呼ぶに相応しい性能です。
設定ではシキというキャラクターの健気さがよく現れています。
主のマスタと一緒にピクニックとか行っている様を想像すると微笑ましいですね。
報復連打などが怖いのか煉獄炎2積みです。攻撃スキルは斬撃と貪欲のみ。
どちらも剣華ノ焔刃で大きなアドバンテージを狙えますが、小回りが利くかどうかが鍵ですね。

・汚物処理班班長

madnessさんの汚物処理班班長がTCGに登場!
白紙スキルはハイリスクハイリターンの攻殻。スクライドのあれですね。
男らしいスキルで、受動しなければ二連発で30点ダメージ!
・・・ダメージが通って2回打つと反動とpoisonで死にますけど。
所持スキルは白紙1本なのでbindが怖いですね。あと疾風剣使いに問答無用でやられてしまう。
相手次第ですが、決まればきっと強い。

・陽輝妃レストロオセ

ゆらぎの神話に出てくるレストロオセさんです。
といっても私、神話のほうはさらりとしか読んでないのでザリスの項目以外詳しくは知らないのですが。
体力、神経反射、知力が4で揃っております。おしゃれです。
イラストとプランの書き方を見ると、まるで万華鏡というか、変幻自在なイメージを受けますね。
白紙スキルは支配。相手のスキルをコピーし、勝手にパネルを使って、攻撃してきます。凄い嫌がらせですね。
キャラを誘惑するみたいな感じでしょうか。ロマサガ2のテンプテーションを彷彿とさせます。
・・・どちらかというと、マリオネットか。

・隔絶世界の点景。(サルオガセ集落)

隔絶世界クラウ=ソナスの世界の一片です。
(隔絶世界クラウ=ソナスについてはこちらこちら
冷たく、鋭い雨を避ける人々の集落。イラストからは儚さを感じます。
白紙スキルの孤独の雨、安らぎが斬撃に変化します。しかも、報復が起動できない。
回復スキルが攻撃スキルに変化し、かつ、孤独の雨の維持をとけば回復に戻る。結構な外道スキルです。
しかも、吸収でbindされないかぎり、あらゆる攻撃を反射。強すぎです。
bindが怖いですが、低体力は安らぎ連打で死ぬでしょう。恐ろしい・・・

・”泡沫の君”レヴィア・オーデュエルシュヴァング

一番グッときたキャラです。絵が愛くるしい。
上目遣いがたまりません。
そして、今回も素敵すぎるメッセージがオーナーのタジさんから送られています。

>「肩まで浸かる程の執着心など持ち合わせていない」―――カシュラムの諺
>「カシュラムか知らぬ」―――カシュラムの早口言葉
>”半身浴とは反神欲の現れである。”

反神欲・・・どういうことなんだ。神様に反逆するということか?
この娘さんも限界人の一人らしいです。白紙スキルはなんとあのブレイスヴァ。
スキルになって戻ってくるとは・・・簡単に言えば地パネルを追加する貪欲ですね、開拓+貪欲みたいな感じです。
より多くのものを食べるために、内臓を活性化する、そのための入浴らしいですが
・・・もっとほかにやることがあるんじゃ?絵が素敵だからまぁいいか・・・
あとこの娘もブレイスヴァなんでしょうか。
ブレイスヴァってやっぱり役職かなにかでしょうかね。僭主みたいなものかなぁ。


追記:
ゆらぎチャットにて。          
>niv > 全コメで柱が動くことはないから、安心して公開していいですよ。 (04/29-00:25:30)
nivさんのその発言に反逆する。           ■<ズズ・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。